羽子板

病気をもたらす害虫を食べる「とんぼ」に見立てて羽根を飛ばして、女の子の無病息災を祈念します。
はやしやの羽子板は、指先や踊り、身体全体の表情の美しさが特長。美人画家上村松園を参考にしたお顔は、美しさと気品にあふれています。

破魔弓

弓の弦を鳴らす音で邪気を祓うことから、男の子の無病息災を願って飾ります。
はやしやの破魔弓は、弓が細く空間を活かしたすっきりとしたデザインです。

天神様

学問の神様である「天神様」
お誕生やご入学のお祝いに喜ばれています。

市松人形:大人も楽しめる着せ替え人形

松乾斎東光の作品。伝統的な手作りの製法にこだわり続ける工房です。初代の作品は、戦前アメリカから送られた「青い目の人形」お返しとして贈った58体の「答礼人形」にも多数選ばれています。
*お手持ちの着物をリメイクして、人形用の衣装を作ることもできます。
*毎年秋に、市松人形展を開催しています。

大正12年創業 人形工房はやしや