店主のご挨拶

Home » 店主のご挨拶

店主のご挨拶
私、店主の小林がお人形のアドバイスをさせていただきます。

店主・人形師 小林 誠道

私、店主の小林がお人形のアドバイスをさせていただきます。

【略歴】

昭和41年 川崎市川崎区に生まれる。

平成元年 早稲田大学を卒業後、林屋人形店に入社。

平成  2年 無形文化財保持者 初代石川潤平に師事。人形作りを基礎から学ぶ。

平成12年 創作人形作家 石川佳正に師事。彩色や人形彫刻を学ぶ。

平成17年 彫刻家 島田忠恵のもとでデッサンや造形の勉強を始める。

平成20年 人形工房はやしや 設立。

 

この度は人形工房 林屋人形店にご来店いただき誠にありがとうございます。
弊店では私をはじめ人形づくりに携わるスタッフが、お客様の大切なお人形
選びのお手伝いをさせていただきます。またお節句はお子様のしつけや教育に
深く関わる伝統行事です。ご購入いただいたおひなさまや五月人形を十分に
活かしていただけるようアドバイスさせていただいております。

店主からのアドバイス

 毎年訪れるお節句に親子で一緒に楽しみながら、おひなさまや五月人形を飾ったりお祝いしたりすることを習慣にすることで、ものを大切に扱うことや人への気配り、春の訪れや自然に関心を持ち大切にする心、美しいものを美しいと思える感性などを楽しみながら繰り返し身につけさせてあげることが出来る唯一の行事がお節句です。女の子であれば母性や情緒を育み、男の子であれば積極性や自主性を伸ばし、素敵な女性や立派な男性になるための家庭内教育の場として、今再び、お節句は注目され始めております。

 私どもではお求めいただいたおひなさまや五月人形を通して、お節句を楽しみ子育てに活かしていただけるよう「子育て節句教室」などで毎年アドバイスさせていただいております。

店長からのアドバイス

お子様のお守りとして飾るひな人形や鎧兜のお値打ちは、お値段の高い安いではありません。

毎年、欠かさず親子で飾ってお子様の健全な成長(躾)に役立ててこそのお値打ちです。

私どもでは、お子様への節句教育に相応しく、またものづくりとしてあたりまえの仕事をしているお品物をお勧めしております。

店長からのアドバイス

ご両親はもとより、おじいちゃんやおばあちゃん、ご家族の皆様にとっての宝ものである大切なお子様の身代わりとなり守ってくれるおひなさま、包み込んで守ってくれる鎧兜、いずれもお子様が大きなケガや病気をせず、無事に成長して幸せな人生を全うしてほしいとの願いが込められたお守りとして贈られます。

でも贈られた(お求めいただいた)だけでは本当の意味でのお守りにはなりません。

 

(続きを読む…)

店長からのアドバイス

“親子でおひなさまや鎧兜の飾りつけ”

それはお子様にとっても、親御さんにとってもかけがえのない大切な時間です。

一生のうちで何回お子様と一緒に飾ることが出来るでしょう。

 

(続きを読む…)

店長からのアドバイス

家を建てる時、車を作る時、ものづくりのはじめには必ず設計図があります。

では芸術作品の設計図はあるのでしょうか。基本的には彫刻や絵画はスケッチやデッサンで大まかな造形や構図を決めます。(もちろん例外もありますが)

 

(続きを読む…)

店長からのアドバイス